ネットで名刺作成を行う方法や手順を解説します

自分の情報を相手に知って貰うためのツールとして、名刺は手早く確実な方法です。小さなカードに自分の所属と氏名を明らかにさせ、連絡手段を記載してアピールする役目を果たします。名刺作成をネットで行う場合は、おおまかに二つの手段に分かれます。一つ目がネット上にある印刷業者にデザインの段階から依頼する方法と、自分が持っているデザインデータをネット上の印刷業者に渡して印刷のみを依頼する方法です。どちらにも言えますが、自分で最終的な印刷に行わずに整った寸法の名刺を手に入れられるのがメリットです。印刷を自分でしようとすると、印刷機の問題や名刺の原紙を自分で保管しておく手間がかかってしまいます。ネットの業者を使えば、名刺屋に自分の足を運ぶ必要すらありません。必要な手順さえ踏めば、労せず最低限の時間を要するだけで自分の欲しい名刺を手に入れる事が出来る便利な方法です。

ネット上の業者に依頼して名刺作成をする方法

まずはデザイン段階からネットの印刷業者に名刺作成をする方法です。この方法のメリットは、業者が持つ豊富なサンプルの中から欲しいパターンを選べるところです。色や字体から、名刺に印刷するイラストに至るサンプルの中から様々な用途に合わせたものを選べます。印刷業者を見つけるには、ホームページのウェブ検索欄にネット印刷と入力すれば色んな印刷業者を拾い出て来ますので、その情報の中からランキングサイトや検索サイトを拾い出して閲覧して下さい。自分に合いそうな業者を見つけたら問い合わせ、その業者の指示に従って作成を依頼します。依頼する時に注意するのは、完成図のシミュレート図を自分の目で確認する必要がある点です。最終確認が済んだら印刷を依頼し、到着を待ちます。到着にかかる日数は、繁忙期や年末年始などの休業日でなければ、早ければ当日に届く業者もあります。

元データを自分で作成し、印刷だけ業者に依頼する方法

デザインを自分でするのにこだわりたい人は、完全データを自分で作成して印刷業者に届ける方法がお勧めです。そのためには、元データを作成するソフトを手持ちのパソコンにダウンロードします。コスト削減をしたい場合は、ネット上にある名刺作成ソフトでフリーソフトを選択すれば、基本的には無料でダウンロードできます。有料ソフトを選んだ場合には、ソフト会社からの使用に関するサポートやトラブル時の早めの対応を得られるのがメリットです。ソフトをダウンロードしたら作成ツールに従って元データを作成して下さい。データが完成したら、印刷のみをネットの業者に依頼します。請け負う業者によっては印刷枚数や届ける納期によって値段が変わる場合もあります。例として、100枚注文だと合計で500円になるのが、500枚注文が2,000円で済む業者もあり、単価が500枚だと1円安くなる計算になって非常にお得です。