まずは実店舗でもネットでも出来る名刺作成に関する基礎知識紹介

営業マンには名刺が必須になります。これは名刺交換で挨拶代わりになるからです。外回りメインの営業マンにとっては、この名刺を基に初見同士でも名刺交換をする事でお互いの情報共有を図る事が可能になるからです。氏名や社名、また部署名や社内における職位・役職などの情報を得る大切なツールになります。また名刺交換をする事で思わぬ雑談や世間話に繋がる事もあります。例えば、共通の知人がいたとか、お気に入りの食べ物屋が一緒だったなどと色んな方向に話しが広がる可能性を秘めています。なお外回り中心の営業マンであれば、いつでも名刺の在庫をストックしていなければなりませんし、もしストック切れであれば仕事に支障をきたします。以前、名刺作成は印刷屋や文具店などに注文して何日後かに届くシステムでしたが、今はインターネットで簡単に注文が出来、早ければ即納も可能と随分と進化してきております。

ネットでの名刺作成依頼について

もしあなたが名刺作成をするならどこでオーダーしますか?昔とは違い、現在ではネットで注文する方法が一般的となっています。初めにインターネットで検索してみると色々なサイトが出てきます。値段は一般的に100枚で500円からが主流となっております。CMなどで見聞きした事のある企業名もアップされています。まず、一括での見積り依頼をして比較する事をお薦めします。そうする事でメーカーの絞り込みが出来るからです。またデザインについては従来、白地に黒といったものが定番でしたが、近年は赤や青、黄色といった色もふんだんに使われており、カラフル度が増しています。ただ名刺を渡す相手に印象を植え付ける事も大事ですが、逆にあなたが名刺をもらうケースにおいてにどのような名刺をもらったら好印象を抱くのか?そのような事を念頭に置きながら名刺作成をすれば、満足度の高い名刺が出来るのではと思います。

ネットを含めた名刺作成オーダー

名刺作成をするには店舗若しくはインターネットでも当然ながら費用が発生致します。ただ昔と比べて店舗もネットが普及してきた事でコストパフォーマンスは随分と割安になってきております。もしコスト面を最重要視するならば、名刺作成ソフトを有効利用する方法があります。この名刺作成ソフトは自宅やオフィスにあるプリンタを使用するので作成費用として発生するのは用紙代とインク代になります。名刺の使用状況において簡易的な名刺を必要とする方にはお薦めします。勿論ですが、店舗やネットで業者発注した名刺と比較すると完成度は劣りますが、簡易用としては問題なく、使用可能であります。なおこのようなソフトと店舗やネットを駆使した名刺作成を上手に使い分けてお得に名刺を作成される事が賢明な手段だと思います。

池袋の自社ビル内で印刷発送を行っているため、都内へのバイク便や引取りなどの特急対応もご相談ください。 名刺のWEB発注システムの先駆けとして2002年より開発、現在では3000社以上の取引実績! 名刺のお問合せにつきましては午前9時から午後19時迄受け付けております。土日祝日はお休み致します。 お客様の様々なニーズにお応えし続けてきたノウハウ! システム利用料0円!ランニング費用は掛かりません。 名刺作成はネットから!【サイバーネット】